相続対策ナビ.com

  • 相続対策
  • 相続事例集
  • 相続用語集
  • 相続小冊子プレゼント
  • 相続無料診断
  • 相続相談

ブログ

相続手続きってそんなに沢山あるの?2016/03/29


相続手続きってそんなに沢山あるの?

石上
こんにちは、相続対策ナビの石上です。

今日の編集後記は『カレーの恩返し』についてです。

詳しくは最終項にて・・・。

石上
さて、本日のタイトルですが、あなたは、もし、今、誰かの財産を相続することになったとして、

相続に関する手続きには、何があって、いつまでにしないといけないか等ご存じでしょうか?

相続放棄なら3か月以内で、相続税の申告は10か月以内というのは有名ですね。

しかし、実は故人に関する手続きはまだまだ沢山あります。

今回は、そのようなお話です。

※ブログランキングに参加しています。応援でポチッとしてくれたら嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村


 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
面倒な相続手続き、忘れていると損するものも
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

今回の話も、あるご家族の方から、相続の相談を受けたときのお話しです。

被相続人(亡くなった方)はお父様

相続人(相続する方)は長女さん(ご相談者 仮名:中村さん)、次男さん

お母様はすでに他界されています。

主な相続財産は、不動産、預貯金、車でした。

ご相談は相続手続きについてでした。
中村さん
お父さんが亡くなって10日ほど経ちました。

いろいろ相続手続きが必要だと思いますが、どんな手続きが必要なのでしょうか?

相続税はかからないみたいだから、自宅の登記変更くらいかなあと思っているのですが。

石上
もう遺産分割の話し合いは終わりましたか?

中村さん
はい、弟と話し合って、もう終わりました。

石上
そうですか。

手続きは故人の生活環境によって違いますが、主な手続きは以下の通りです。


 

tetuzuki1tetuzuki2tetuzuki3

中村さん
結構、いろいろあるのですね…。

石上
はい、やはり一人一人が生きて来られた結果ですので…。

中村さん
健康保険証などは、14日以内なのですね、もうすぐ返しにいかないと。

この年金の死亡一時金と遺族年金、これはもらえるのですか?

石上
お父様は年金を受給してらしたので、死亡一時金はもらえません。

死亡一時金は年金を受けること無く、亡くなった方が対象です。

遺族年金も、死亡した者によって生計を維持されていた18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子が対象ですので、残念ながら中村さんはもらえません。

中村さん
そうですか。

石上
ただ、国民健康保険の葬祭費は手続きすればもらえますよ。

中村さん
え、ああ、そうなのですか。

石上
はい、自治体に依りますが、3万円~7万円くらい支給されます。

中村さん
へえ。思ったより葬儀費用の支出がありましたから助かります。

わかりました、申請してみます。


葬祭費の申請期限は葬儀の日の翌日から2年以内です。それを超えると時効となってもらえません。

また申請しなければ支給されません。

葬祭費や健康保険の埋葬料は、申請をしていない方がちらほらいらっしゃいます。

手続きが面倒だし、行く時間が無いと仰せの方もいましたが、もったいないなと思います。

手続きに漏れがあると、損をすることもありますので、今回の表などでチェックすることをお勧めします。

編集後記
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
石上
皆さん、カレーはお好きでしょうか?

私はとても好きです。

ココイチのカレーも好きですし、本格的なインドカレーも好きです。

妻が家で作るカレーも美味しいのですが、そのいつものカレーがもっと美味しくなるアイテムを見つけました。

それが「カレーの恩返し」という追加スパイス商品です。

いつものカレーが出来たら、最後にこれを軽く炒って入れるだけです。

それだけで香りが立って、味に深みが出て、格段に美味しいカレーになります。

妻がこの商品を使ってカレーを作り、実家へ持っていったところお義母さんから

「今まで、あんたが作ったカレーのなかで、一番美味しい」と言われたと喜んでいました。

好みはあるかと思いますが、どうぞお試しください。

石上
僕たちのブログは、いつかきっとあなたのお役に立つ記事を厳選しています。

最後までお読みいただきありがとうございます。


 

エンディングノートの書き方が学べる無料勉強会を開催しています。今なら新しいエンディングノートを家族分プレゼント!ぜひこの機会にご参加ください。

エンディングノートの書き方が学べる無料勉強会

 

 

 


『日本一やさしい相続情報メルマガ』も発行しておりますので、是非ご活用くださいませ。