相続対策ナビ.com

  • 相続対策
  • 相続事例集
  • 相続用語集
  • 無料プレゼント
  • センター案内
  • 無料メール相談

相続税を払う人

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
相続税を払う人ってどのくらいいるの?
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

相続税が課税される被相続人(死亡者)は4%程度、しかし平成27年以降は…。

死亡者数に対する相続税の課税件数の割合がどれくらいかをみると、平成24年では4.2%となっています。

つまり、実際に課税があった被相続人(死亡者)の数は100人のうち4.2人ということになります。

この課税があった被相続人1人に対する法定相続人の数は、平成24年で3.00人となっています。

しかし、平成27年以降は相続税の基礎控除額の改正に伴い、課税される人の割合が増えることが予想されます。

※平成27年1月以降の相続から相続税の基礎控除額が変わりました。

 

自分事ではない・・・と多くの方が感じている相続の問題。

そう思っている方ほど要注意かもしれません。

なぜなら税金の問題だけではないからです。

今、相続問題では、「誰に(円滑に)・どのように(スム-ズに)」渡すのかを、渡す側ももらう側も一番に考えなければならない時代になっていますよ。

 

エンディングノートの書き方が学べる無料勉強会を開催しています。今なら新しいエンディングノートを家族分プレゼント!ぜひこの機会にご参加ください。

エンディングノートの書き方が学べる無料勉強会