相続対策ナビ.com

  • 相続対策
  • 相続事例集
  • 相続用語集
  • 無料プレゼント
  • センター案内
  • 無料メール相談

ブログ

限定承認で欲しい遺産はもらえて、いらない遺産は放棄できる?2016/08/02


限定承認で欲しい遺産はもらえて、いらない遺産は放棄できる?

太田
こんにちは、相続対策ナビの太田です。

今日の編集後記は『歯医者』についてです。

詳しくは最終項にて・・・。

※ブログランキングに参加しています。応援でポチッとしてくれたら嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村



太田
今回のご相談者Aさんはお父様が亡くなって、お父様の遺産についてほしいものといらないものがあるということで、ご相談に来られました。


 

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
限定承認でいる遺産だけ受け取れる?!
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

Aさん
先日、父が亡くなり、父の遺産を妹と私とで受け継ぐのですが、2人とも父が生前住んでいた家はいらないと考えています。
不動産屋に相談すると、土地は売れても二束三文、ただ、土地の上に古い家があるので売りにくい。
家を解体して更地にしたら売れると思います。という回答でした。
そうすると結局、損になるのでは?ということになり現在は手つかずの放置状態です。
他の遺産は、妹と2人で分ける話し合いもすでに済んでいます。
不動産は放棄、他の遺産は取得できる方法で「限定承認」というやり方があると聞きました。
今回、その「限定承認」というやり方で対応可能でしょうか?

太田
まず、「限定承認」ですが、欲しい遺産のみ限定して承認(相続)する、というのは誤りです。
したがって、残念ですがご質問の内容で対応できる制度ではありません。

Aさん
そうなんですか。では、どういう制度でしょうか?

太田
限定承認とは、相続人が一応相続を承認し、相続によって得た積極財産の限度においてのみ被相続人の債務及び遺贈を弁済すべき旨の留保を付することができる相続のことです。
たとえば、多額の借金があり債務超過であることが明らかであれば、相続放棄をすればいいですよね。
債務がどの程度あるのか不明であり、積極的財産(プラスの財産)が残る可能性がある場合に利用される制度が「限定承認」です。
つまり、全部財産を引き継ぐか、全部放棄するか、のどちらかしかないという事です。

Aさん
そうか・・・つまり借金があれば、他のプラスの財産で差し引きして全部もらうか、全部いらないか、という事ですね?

太田
そういうことです。

Aさん
「貯金は相続するけど、不動産は放棄するよ」はダメってことですね。
そうですよね、都合良すぎますよね。

太田
お父様が事前に相続対策をしていると、このようなことは起こらなかったかもしれませんね。
ただ、すでに相続は発生していますので、お父様の不動産をどう分与するのか?妹さんと再度ご相談してみて下さい。


Aさん
そうですね。たぶん、家を解体して、解体費用を二人で負担。
その後、土地が売れたら、2人で分けるという流れでしょうね。
マイナスになると思いますが、仕方ないです・・。
今回は、色々ご相談に乗って頂き、ありがとうございました。


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

太田
その後、妹さんとご相談されて不動産は売却し、売却利益もなかったのですが損もほとんどなかったようでよかったです。

今回の教訓:相続が発生してしまってからでは、手遅れとなることもあります。
事前に相続対策することが一番大切です!


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

編集後記

太田
本日の編集後記は、「歯医者」です。

以前に奥歯の詰め物がとれたので、最近まで歯医者に行っていました。
ようやく治療も終わった一週間後、今度は別の詰め物がとれ、再度歯医者へ。
「ようやく終わったのにまた戻ってきました・・・。」と言うと、
「治療しているのが左だったら、治療中は右で噛むので、右が今度は悪くなるってよくありますよ。」と言われ、なんだかホッとしました。
老化のせいかと思っていたが、どうやら違ったようです。よかった・・・。

太田
私たちのブログは、いつかきっとあなたのお役に立つ記事を厳選しています。

最後までお読みいただきありがとうございます。


 

エンディングノートの書き方が学べる無料勉強会を開催しています。今なら新しいエンディングノートを家族分プレゼント!ぜひこの機会にご参加ください。

エンディングノートの書き方が学べる無料勉強会


『日本一やさしい相続情報メルマガ』も発行しておりますので、是非ご活用くださいませ。