相続対策ナビ.com

  • 相続対策
  • 相続事例集
  • 相続用語集
  • 無料プレゼント
  • センター案内
  • 無料メール相談

ブログ

自筆証書遺言は簡単!費用が不要!本当は違う!2016/07/12


自筆証書遺言は簡単!費用が不要!本当は違う!

太田
こんにちは、相続対策ナビの太田です。

先日、屋外で弊社のイベントがあり参加してきました!
午後から猛烈な雨・・・。びしょびしょになり、体も冷えて、つらかった・・。

今日の編集後記は『バレーボール』についてです。

詳しくは最終項にて・・・。

太田
さて、今回は突然、自筆証書遺言を事務所に持ってこられた方です。

以前にも遺言書を記事に取り上げましたが、注意点などがたくさんあり質問される方も多数いらっしゃいますので、再度注意点ご理解頂くために遺言書の案件をご紹介いたします。

今回は、「自筆証書遺言書を自分で書いたから書式の間違いがないか見てほしい」と来店されました。



※ブログランキングに参加しています。応援でポチッとしてくれたら嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村


 

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
自筆証書遺言は簡単!費用が不要!本当は違う!
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

Aさん
突然、お伺いしてすみません。
私は60代で、子供が2人いますが妻は数年前に亡くなりました。
私が死ぬと子供達2人に私の遺産が2分の1ずつ分けられると思います。
財産は家と預貯金と株が少々あるのですが、私の希望は色々世話をしてくれた長男に多く、あまり実家にも近寄らなかった次男には少し財産を渡したいと考えています。
遺言書に私の希望する分け方を書きましたが、長男が次男ともめないように有効な遺言書を残したいので間違いがないか見て頂きたいのですが・・・。

太田
相続人になる息子さん達のことを考えて遺言書を書くのは素晴らしいことですね。
「自筆証書遺言書」ですね、法的に有効になるかどうか確認させて頂きます。
ただ、もっと息子さん達のことを考えてあげるとすれば「公正証書遺言書」の方がいいのではないでしょうか?

Aさん
「公正証書遺言書」で作成することも考えましたが費用がかかるため「自筆証書遺言書」にしました。
「公正証書遺言書」の方が息子達のためになるとはどういうことでしょうか?

太田
Aさんに万が一が起こった時に「自筆証書遺言書」がでてきたら、その遺言書が有効になるために費用をかけて色々と書類をそろえたり、裁判所に検認の手続きをする代理人(弁護士等)を立てる必要があるなど結果的にお金がかかります。

Aさん
そうなんですか!
では結果どちらでも費用がかかるという事なんですね。
先に費用をかけるか?後に費用をかけるのか?の違いだけだってことですか?

太田
費用の面ではそうですね。
さらに「自筆証書遺言書」の場合、書類請求、作成、検認申請、など財産分与までに時間がかかります。

Aさん
そうですか・・。
私は先日テレビで遺言書の特集を見て私も書こうと思い、次の日に本屋さんに遺言書セットを買いに行きました。
テレビではそんな具体的な話はしていなかったので気軽に考えていたのですが・・。

太田
Aさんのようなご相談実は増えているんですよ。
最近テレビでよく取り上げられていますからね。
「公正証書遺言書」を作成希望されるのであれば一緒に作成していきましょう!
費用はかかりますが・・。

Aさん
はははは。
結局費用がかかるなら一緒ですもんね。
ではお願いしようかな。

太田
そうですね。一緒にがんばりましょう!


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

太田
その後、正式に「公正証書遺言書」のご依頼を頂き、完成後は満足して喜んでおられました。

本日のワンポイント!
【メディアの情報に左右されず、まずはご相談を!】


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

編集後記

太田
本日の編集後記は、「バレーボール」です。

女子バレーリオ・オリンピック出場おめでと~。
私は昔バレーボール少年団でアタッカーをやっていたこともあってバレー中継はどうしても見ながら燃えてしまいます。
男子は残念でしたが、女子は男子の分もリオで頑張ってきてほしいですね~。

太田
私たちのブログは、いつかきっとあなたのお役に立つ記事を厳選しています。

最後までお読みいただきありがとうございます。


 

エンディングノートの書き方が学べる無料勉強会を開催しています。今なら新しいエンディングノートを家族分プレゼント!ぜひこの機会にご参加ください。

エンディングノートの書き方が学べる無料勉強会


『日本一やさしい相続情報メルマガ』も発行しておりますので、是非ご活用くださいませ。